『赤目四十八瀧心中未遂』

 映画『赤目四十八瀧心中未遂』は私の好きな私小説作家である車谷長吉の作品を映画化したものである。夢想の世界で私がもし、車谷長吉氏の作品を映画できるならば、間違いなく短編集「忌中」を選ぶだろう。死と隣り合わせの極限の心境の中で、それでも氏の表現で記せば「まぐわい」を持って、死ぬ前に最後に寄り添う他者の肉体の存在に性欲を感じ、その性欲によって絶望を少しでも相殺しようとする最果ての心象風景の中の描き方に、私は脅威すら感じた。
 それほどまでに「忌中」という作品の神秘と生活感が絶妙なバランスを抱き、近代の近松の市井版のような美しい心中世界に私は見蕩れてしまった。

 「忌中」と比較し、『赤目四十八瀧心中未遂』を読んだときの印象は、さほど衝撃的なものではなかった。『赤目四十八瀧心中未遂』というタイトルとは異なり、実際は赤目四十八瀧という死に場所に向かう男女の数日のまぐわいの恋物語でもある。映画の大部分は尼崎にたどり着い主人公の驚きと失望を軸に描かれる。
 おそらく慶応義塾を出た車谷長吉が体感した尼崎の風景とは、この世の果てに近いものがあったのかも知れない。映画によって仮託された演出は絶妙である。
 駅に着く也、いきなり内田裕也が煙草とライターを借りる描写、あるいは、オカマの娼婦(夫)、抱えたマネキン人形に語りかける怪しいカップル、いきなり主人公を無言で殴りつける同僚。
 すべてが、この世の果てと描かれた非日常の描写であるが、私のような尼崎人にとっては、さして驚く事のない、自身の故郷の風景でもある。

 しかし車谷長吉にとっては、尼崎とは、そこで育った訳でもなく、所詮、堕ちた自身が辿り着いた街でしかない。堕ちた自分に、それでもあきらめられないから表出する恐怖と不安が、尼崎という闇夜のダウンタウンに対しての車谷長吉のスリルとなって、氏の作品の緊迫性を際立たせる。

 映画『赤目四十八瀧心中未遂』の監督は、車谷長吉のそんな不安と恐怖と絶望感を、緊迫感溢れる映像を持って映画された。実に素晴らしい事だと私は思う。