ミナミの喧噪

 ここ数年、ミナミの喧噪の言語の大多数は中国語や韓国語に変わったのは確かだ。また繁華街のコンビニやドラッグチェーンの店員にも中国人が増えてきたような気はする。街を歩いても、店に入っても、もはや大阪人だけの街で無くなったミナミを実感する事は多い。
 古くからのミナミの店主たちに、そういう現状を嘆く人は多い。またミナミを現実逃避の場所として求めてきた大阪人たちの中にも、最近は、どこかミナミは観光客が騒がしすぎて避けたいという気持ちが出てきているようだ。
 
 子供の頃、父親が宗右衛門町の韓国のサパークラブに、堂々と私たち家族を連れて行った事がある。チョゴリを纏ったホステスの衣装と片言の言葉に、幼心は軽い緊張を覚えつつ、「わしはまだ呑むから先に帰っといてくれ」と母親にタクシー代を渡した父をおいて、母親と姉と一緒に店を出た。
 貧しい在日長屋の中で育った私にとって、めかしたチョゴリや片言の日本語の韓国の女性たちの記憶は、非日常で、どこか性的な何かとして4歳の私には軽い衝撃であった。
日本に住んでいるけれど、日本人ではない。けれど韓国のチョゴリは滅多にみないし、韓国語は分からない。そんな私が、本当の韓国人に対して外国人と出会った混乱と違和感を抱いた後、母に頼んで、うどん店に入った。
きつねを噛んだ後、染み出た味覚に、ようやく安堵感を覚え、気持ちを落ち着けた。

 私も子供の頃からミナミを日常の負荷の癒しの地として求めてきた。大阪弁の喧噪の中で癒されてきた私であるが、街に聞こえる感情の表出は中国語が主流になった。
 しかし、ミナミという桃源郷に驚き童心に戻ったようなはしゃぎ方をする中国人や韓国人たちをみるにつけ、もはやミナミは、私たち大阪人だけの桃源郷ではなくなったような気はする。
 私たちオールドカマーこそ、ニューカマーを否定しがちだが、私たちが何世代も憧れた大阪の魅力に、ニューカマーたちが惹かれ夢中にならないわけもない。
 ミナミは大阪の誇る桃源郷であるが、アジア人にとっての憧れの場所となりつつある。彼らも、観光客であれ、ニューカマーであれ、そのはしゃぎぶりの騒々しい喧噪は、月日と回数を重ねれば大阪の静かな風土と同化するはずだと信じている。