リスク回避の冒険者たちと、リスクを回避しないレスラーたち

 統計をもとに記す訳ではないが、恐らく、今のプロスポーツで最も死亡事故の件数が多い競技はプロボクシングではないかと私は思う。
 実は脳を揺らす凶器であるグローブを用いて、主に頭部を殴り合うボクシングは、素手よりもリスクの高いスポーツであると云われている。一時、ボクシング禁止論の出た先進国も存在したが、それほどの危険性を含んだ競技である事は間違いない。
 しかし、どの時代も、若者が抱く夢は、リスクのある冒険世界が主流である。リスク伴う危険性のある事柄に挑む若者を批判するのは、人間の尊厳を否定する事かもしれない。もっともボクシングに挑む若者たちは、死亡のリスクのある事柄に挑むための免罪の証書を、日々の練習で、それこそ命を削るくらいの熱量を持って書き上げる。
 すなわち自分の身を守るための練習に熱量を費やすのである。だからこそ若者の危険な冒険を批判する資格は、我々にはないのだ。

 ボクシングに限らない。ひいてはスポーツ競技に限らない。登山から自動車運転に関わらず、人の活動性にはリスクが伴う。しかし、どんな活動性であれ、冒険するための条件は、リスク回避のための反復練習を乗り越えてきた者たちだ。

 しかし、この世の中で、一つだけリスク回避の練習はおろか、リスクを回避しない事が美徳とされる世界がある。それが現代プロレスである。

 まずプロレスラーたちはリスク回避のための後ろ受け身を繰り返す。通常、背中をマットに打ち付けて受け身を繰り返す事は、動物的な本能に反した行為であり、当然、練習の段階で、揺らされた脳は疲弊する。
 自分たちがリスク回避のためにと強制する練習で、まず、レスラーたちの脳は損傷を受けている。リスク回避の原点からして、何かを誤解しているのだ。
 自分の背中をマットに幾度も打ち付け、本番前の段階から、脳を損傷させつづけ、これがリスク回避のための練習だと強制させる。これが現代・プロレス界の真実だ。 

 相手を固定して、首筋にエルボーを打ちつけ、その攻防を繰り返すというプロレスラーたちの「痛い攻防演出」あるいは「根性演出」がある。それはリスク回避のための練習を怠った人間たちの安易な演出であるとしか私には思えない。相手を固定して、相手を気絶させるほどの打撃は与えないが、相手の頸椎ひいては脳に響く打撃は繰り返す。相手の脳は揺らしても良いが、相手との信頼関係に成り立つ攻防という摩訶不思議な世界でもある。

 プロレスは、本来、本当の痛みに頼らずとも、リアリティやスペクテーター性を演出できるジャンルだ。それが信頼性であれ、不信感であれ、どちらのベクトルに転んでも、かつてのプロレスラーたちは相手に致命的な損傷を浴びせずとも、そのリアリティを演出できていたはずだ。
いちファンが偉そうに記す事でもないが、私がプロレス団体のオーナーならば、打ち合わせをしても良い、打ち合わせがなくても良い。ただし、首筋へのエルボー合戦は無し、あるいは後ろ受け身を有する技は二回まで。そういうルールを強制したいものだ。それでファンが沸かなければ、それで良いではないか。

 おかしなことに、三沢氏の殉職以降、団体、マスコミ含めて、業界側はほとんど、この危険なプロレス界の兆候を問題提起してこなかった。相手の脳を揺らし続け、頸椎に損傷を与える首筋への打撃をスタートとするプロレスでなければ、もはやプロレスは存在できないのだ。それは、実は多くのプロレス団体もマスコミも知る暗黙の事実なのであろう。