女子プロレスラーたちの最後のリアル・ファイト

 かつて日本の女子レスリング黎明期、数多くの女子全日本王者を輩出したクラブは、プロレス界の老舗「全日本女子プロレス」であった。女子レスリング黎明期、体力も、運動経験も高いレベルとはいえなかったレスリング初心者が殆どの大会において、同じく初心者とはいえ、本格的な体力練習を積んでいた女子プロレスラーたちが多くの階級を制するのも当然の事であった。
 その当時は、女子格闘技と女子プロレスの関係には、高い親和性が存在している。
当時の女子格闘技のレベルに対して、高いレベルのオーディションで選ばれた体力のある女子プロレスラーの存在は、五輪競技に邁進しつつあった女子柔道を除けば、十分にトップを担える集団であった。
 その当時から30年ほど経過した今年に入り、不思議な事に、女子プロレスラーたちが再び、競技スポーツに挑み始めた。女子格闘技のレベルが、男子格闘技のそれと比較して同様の層の厚さを担っているとは考えにくい。当時の女子レスリングほどの層の薄さではなかろうが、それでも男子プロレスラーが太陽に向かうがごとく、総合格闘技での誉れを狙うほどではない現実性が、女子プロレスラーの総合格闘技挑戦には存在している。
 今年に入り、レベルの高低はともかく、二人の女子プロレスラーが、リアルファイトで勝利した。
 ジャジー・ガーベルトはその後を追うように、本国での経験をもとに、日本でのリアルファイトに挑んだ。普段の女子プロレス界のミニマムな世界で生きてきた彼女は、初めてのメガイベントで浮き足だったところもあっただろう。けれど、一方的にやられたわけでもなく、その気概は相手の顔面を幾度かとらえた。
 私は女子プロレスラーが女子格闘技でのリアルファイトに挑戦していくのは今が最後のチャンスだと思っている。今は男子のプロレスと総合格闘技ほどの差は存在しない。しかし今の女子格闘技の台頭は、総合格闘技がプロレスを浸食しだした時の気配と実に良く似ている。
 なので、より多くの負けじ魂を持つ女子プロレスラーたちに今のうちにリアルファイトを経験していってほしい。
 今年、来年を過ぎれば、女子プロレスラーの挑戦も太陽に向かうがごとくの夢物語になってしまうだろう。