アントニオ猪木 最後の女性

 アントニオ猪木の近況が騒がしい。議員としての残りの任期、かつてのイラク人質救出のような誉れはいらない。せめてスキャンダルとは無縁で任期を全うしてほしいというのが私の願いである。
 しかし、アントニオ猪木の人生と同じく、猪木ファンにも、また平穏は存在しない。今回もまた、スキャンダルの再来に巻き込まれた猪木の苦悩と苦渋をともにすることしかできない自身の非力を、猪木に対して詫びることしかできないまま、波が静まるのを待つだけである。
 
 過去から身内からの告発の多い猪木である。外面の良さと反対に、内面の猪木に振り回されてきた、かつての身内のやり場の無い怒りは、ファンの分際で、理解は出来ないものであろう。
 我々ファンでさえ、さんざん、振り回されてきた。ファンに対しても、感動と失望の間を揺るがしてきたアントニオ猪木である。身内となれば、その度合いはファンとは比較にならないだろうし、失望の実態としての被害も大きなものであろう。

 私もアントニオ猪木の最後の団体として応援していたIGFへの猪木の整理発言当時、IGFに対して、身勝手な親に翻弄される子に対しての哀れみを抱いてもいた。
 しかし、哀れみを抱いた子たちが、親の人間性を否定しだした。生き残る為にファンの力が必要であったのだろうが、自身の親を批判し、自身の親のファンたちの同情を求める気持ちに到底理解は難しい。
 親の人間性を否定しながら、その矛盾に気づいたのか、以降は、親は悪く無い、親の周りが悪いと糾弾の方法を変えたようである。

 かつての身内たちの憤りも、私たち猪木ファンは理解しなければいけない。昔から、かつての身内たちよりのスキャンダルの告発を浴びてきたアントニオ猪木であるが、不思議なことに、みな、かつて自分たちが告発したアントニオ猪木という存在が、再び自分の方を向いてくれれば、和解どころか、かつての糾弾がなんであったのかというような喜びぶりを示すことも多い。

 みな、アントニオ猪木に自分の方を向いてもらいたくて仕方ないのであろう。
しかし、それは少なくとも無償の愛とは異なる姿である。

 今の猪木の奥さんは、私たちの英雄アントニオ猪木の肉体のケア、インシュリンの管理までしてくれている。アントニオ猪木を、少なくとも「動詞の愛」を持って労ってくれている存在である。そんな女性をアントニオ猪木が大切にしていることが、何故、洗脳なのだろう。

 私は私の英雄アントニオ猪木が最後に愛した女性、そして、猪木のケアをしてくれる女性に対して、一ファンとして感謝しかない。
 彼女がどういう女性なのかは、アントニオ猪木しか知らないことである。