アントニオ猪木 最後の女性

 アントニオ猪木の近況が騒がしい。議員としての残りの任期、かつてのイラク人質救出のような誉れはいらない。せめてスキャンダルとは無縁で任期を全うしてほしいというのが私の願いである。
 しかし、アントニオ猪木の人生と同じく、猪木ファンにも、また平穏は存在しない。今回もまた、スキャンダルの再来に巻き込まれた猪木の苦悩と苦渋をともにすることしかできない自身の非力を、猪木に対して詫びることしかできないまま、波が静まるのを待つだけである。
 
 過去から身内からの告発の多い猪木である。外面の良さと反対に、内面の猪木に振り回されてきた、かつての身内のやり場の無い怒りは、ファンの分際で、理解は出来ないものであろう。
 我々ファンでさえ、さんざん、振り回されてきた。ファンに対しても、感動と失望の間を揺るがしてきたアントニオ猪木である。身内となれば、その度合いはファンとは比較にならないだろうし、失望の実態としての被害も大きなものであろう。

 私もアントニオ猪木の最後の団体として応援していたIGFへの猪木の整理発言当時、IGFに対して、身勝手な親に翻弄される子に対しての哀れみを抱いてもいた。
 しかし、哀れみを抱いた子たちが、親の人間性を否定しだした。生き残る為にファンの力が必要であったのだろうが、自身の親を批判し、自身の親のファンたちの同情を求める気持ちに到底理解は難しい。
 親の人間性を否定しながら、その矛盾に気づいたのか、以降は、親は悪く無い、親の周りが悪いと糾弾の方法を変えたようである。

 かつての身内たちの憤りも、私たち猪木ファンは理解しなければいけない。昔から、かつての身内たちよりのスキャンダルの告発を浴びてきたアントニオ猪木であるが、不思議なことに、みな、かつて自分たちが告発したアントニオ猪木という存在が、再び自分の方を向いてくれれば、和解どころか、かつての糾弾がなんであったのかというような喜びぶりを示すことも多い。

 みな、アントニオ猪木に自分の方を向いてもらいたくて仕方ないのであろう。
しかし、それは少なくとも無償の愛とは異なる姿である。

 今の猪木の奥さんは、私たちの英雄アントニオ猪木の肉体のケア、インシュリンの管理までしてくれている。アントニオ猪木を、少なくとも「動詞の愛」を持って労ってくれている存在である。そんな女性をアントニオ猪木が大切にしていることが、何故、洗脳なのだろう。

 私は私の英雄アントニオ猪木が最後に愛した女性、そして、猪木のケアをしてくれる女性に対して、一ファンとして感謝しかない。
 彼女がどういう女性なのかは、アントニオ猪木しか知らないことである。


『海炭市叙景』

 『海炭市叙景』は、私がこの五年の間に観た映画の中で、もっとも、その余韻の残像が、大脳基底核に刻印された作品であった。闘うか、逃げるかを司る大脳基底核の判断のための過去の映像に、感動したかどうかとして刻印されたのは、その実像としてのフィルムではなく、心に残った余韻の残像でもあった。

 作品は、私小説作家である佐藤泰志の短編小説集を絶妙にオムニバス化した映像集でもある。
様々な人たちの日常の中の刹那の快楽と絶望が、微妙に他の人間模様に微妙に交差する。
 微妙な交差は、どこか遠慮気味だ。
 人は皆、どこかで人の人生と接する境界の中を生きざるを得ない。しかし、人は人と繋がりたい人生の境界を求めて、孤独の癒しを求めるが、人と繋がる境界は、ごく僅かでしかない。その、ごく僅かの境界の接点と接点を緩やかに一つ一つのエピソードは流れていく。

 淡々とした市民の日常の風景を、実に多くの名優たちが味わい深く演じている。
しかし、心に残ったのは、場末のスナックで一見客相手に商売語りの浮き世の風景を語る少々、不細工な女。
 そして、蒸発した後、腹を膨らまして戻ってきた飼い猫を抱きかかえながら、「産め、産め、ぜんぶ、面倒みてやる」と無責任に、そして、静かな覚悟を持って呟く老婆の姿。
素人俳優たちの戯言は、時として、虚構のからくりの映像をリアリティを持って、際立たせる。
 演技が下手な素人たちの戯言が、名優たちのそれよりも心に響いた。不思議な映画であった。


土着建築

 子供の頃、鍵っ子ではなかった。というのは、鍵など持たずとも、長屋の引き戸に手を添えば、自分の家に入る事が出来たからだ。もともと、私たちの長屋には鍵をかける意識が希薄であった。
 ある時、引き戸を左に引くと、上がりかまちの向こうの台所に、近所のおばさんの姿が見えた。おばさんが「○○ちゃん、卵借りるで」と冷蔵庫を閉めながら、私に告げて出て行った。
 
 私の長屋はトタンの外壁だったので、当時の安い建築資材であっただろうが、幸いだったのは、トタンが焦げて、焦げたトタンを照準にした私の長屋は、見事にボロ屋敷と化していた事だ。
 伝統住宅ではないものの、私は時間に応じて、色の変わった自分の家に対して、土着建築(バナキュラー建築)の類いの端くれとしての愛着を感じる。

 色あせない事を題目として、世界中で、安価な条件のもと、その土地の風土とは関係のないグローバルな建築の街作りが主流になっているが、私は子供の頃、トタンを作る職人の顔は知っていたので、トタンという安価な建材に対しても、土着的な風土は感じることは出来た。

 トタンの原材料さえ知らないが、トタンを作る人のことは知っている。広義で云えば、それも土着建築なのだろうか。

 大阪も郊外を中心に、同じような建売住宅の集合体が、一つの街となり、そこに集う人たちも世代を越えた月日を数えるだろう。
 そのとき、子供の頃から住む家が、色あせ、痛むことがあれば、そこで育った人たちの記憶は幸せなのではないだろうか。

 土着建築であろうとも、なかろうとも、人の記憶の重なりを、家が何らかの方法で醸し出すならば。